手荒れを防ぐスキンケア

スキンケアには、温めと冷やしを上手に組み合わせてゆくことが効果的です。目につきやすいハンドケアにもこの方法を応用することができます。綺麗な手をキープするためのスキンケアのコツは、まず水仕事の前後にはクリームをつけるようにすること、1日に1回はハンドマッサージをすること、「ハンドバス」という温めを行うことの三点です。
スキンケアのためには、こまめな保湿クリームの利用が欠かせません。水仕事の後には肌荒れがしやすいものなので、必ず細かくハンドクリームを利用するようにしましょう。また、水仕事のあとだけでなく前にハンドクリームを使っても、手に水を弾くうるおいベールができるので、手荒れを防ぐことができます。
また、手は毎日の生活の中で酷使されがちな場所です。指先や手のひらは大変疲労がたまりやすくなっているので、毎日定期的にハンドマッサージを行う週間をつけましょう。ハンドマッサージは手の健康によいのはもちろん、血行を促進し肌全体の美しさを保つために役立ちます。
また、「ハンドバス」という手のみをお湯を使って温める方法もぜひ取り入れてみてください。手の疲れを手軽にとるためには温めるのが一番です。洗面器に適度な温度のお湯を張り、お気に入りのフレグランスの精油を入れるとリラックス効果のあるハンドバスを行うことができます。手は意外にデリケートな部分でもあるので、かさつきや手荒れから守るための細やかな心がけをしていきましょう。